医師の診察を受けるイヌ

皮脂が落ちる

犬の散歩へ行く

シャンプーの使用方法と頻度

犬のシャンプーは毎日行わなければならないと思いがちですが、週に1回から3回程で良いのです。何故そのような回数でいいのかと言いますと人間の皮膚とは全く違うためです。犬の皮膚はシャンプーしすぎてしまいますと皮脂まで奪ってしまいますので気をつけましょう。 またお湯だけで洗うというのも効果があります。毛の汚れはブラッシングをするだけでも落とすことができますのでブラッシングを入念にしましょう。 シャンプーの仕方としてまず初めに犬の全体をシャワーで濡らします。その後に肢、おしり、胸や背中、最後に顔を洗ってあげましょう。コツとして肉球はすきまに汚れがたまっていますのですきまもよく洗ってあげることが大切です。水気はよくふきとってあげましょう。

平均的な価格といろいろな種類

犬のシャンプーは安いものですと1000円以下のものもあります。平均的な相場は約1000円から2000円の間となっています。注意しなければいけないのは人間用のもので洗ってしまうことです。犬と人間の皮膚は構造等が全く違いますので気をつけましょう。また赤ちゃん用のシャンプーもいけません。 そして皮膚の病気があるという場合は獣医師に相談し、どのシャンプーが適しているのかよく確認をしましょう。皮膚の病気の場合は薬用シャンプーを使用しますが、保湿性があるもの、角質溶解性のあるもの、抗菌性のあるもの、アトピー用のものなどがあります。こういった薬用のものは皮膚の病気の治療法の1つでもあります。注意しなければならないのは症状に対し異なった薬用シャンプーを使ってしまうと逆に皮膚に影響を及ぼしてしまいますので気をつけましょう。