医師の診察を受けるイヌ

狂犬病の予防

シェパードを飼う

犬を飼ったらしなければならないこと

近年、ペットブームで犬を飼う世帯が増えています。 犬をかうとなると、欠かすことが出来ないのが病院です。 まず、法律で定められている狂犬病の注射は毎年病院で打つ必要があります。 また、混合ワクチンも犬の感染を防ぐために1年に1回は打ちます。 そして、夏になると蚊が多く発生するので、蚊からの伝染病であるフィラリアを防ぐためにお薬を月1回飲ませます。 また、ダニやノミの予防にもなるフロントラインの購入も推奨されます。 フロントライン以外でも、ノミやダニの予防グッズはお店の市販のもので安くで売られていますが、病院で取り扱われているフロントラインの方が、効果があるのです。 これらの出費を含め、年間3万円以上はかかってくるのです。

動物病院の特徴と内容

ワクチンや予防薬に加え、動物病院では病気や怪我の治療も行います。 軽症から重症まで診ていきますが、必要に応じてオペも病院内でします。 また、最近は避妊去勢の手術をすることも増えてきているのです。 避妊や去勢をすることで、無責任な繁殖を防ぐだけでなく、将来の病気の予防にも繋がります。メスは卵巣の病気の予防、オスは睾丸の病気の予防になるのです。死因の中でも、多い病気なので避妊や去勢をオススメする病院も増えています。また、オスのマーキングといった行動を抑える事ができるのもポイントの一つです。 動物病院はこれらの治療が、人とは違い保険がきかないため、多額の支払いをしなければならないこともあります。 しかし近年ではペット保険が充実してきているので、加入するのも一つの手なのではないかと思います。